アロマテラピーとは

アロマテラピーとは


植物精油を用いてホリスティックな観点から行う自然療法です。
フランス語でアロマは「芳香」テラピーは「療法」
フランスの科学者 ルネ・モーリス・ガットフォセが
造語
彼が実験中に火傷をおい、ラベンダーの精油(エッセンシャルオイル)を用いてその効果を自ら体験したことから、この植物療法をアロマテラピーと命名しました。

 

 

ホリスティックアロマテラピーとは

身体に起こるトラブルを部分的ではなく、「心理面体質を含めた全身的全人格的もの」としてとらえてアプローチするアロマテラピーのこと。 

自然療法とは

人間が本来持つ自然治癒力を高めることにより、病気を未然に防ぐ、治癒を目指す、体質そのものを改善するなどして、健康の維持、増進を図る療法。

 

トリートメント法とは


アロマテラピーにおいて、精油を植物油で希釈したトリートメントオイルを用いて、全身または身体の一部に塗布する方法。トリートメントオイルは精油を適切な濃度(通常1%以下)に希釈したものを用いる。

 

<心と身体への作用>


 リフレッシュ・
リラックス
 自律神経、ホルモンバランスを整え
 心の開放、集中力が増し記憶力UP


 ビューティー
 
 リンパ液の循環促進、血流が改善
 新陳代謝を良くし老廃物の排泄を促す作用
 皮膚を柔らかく・張り・引き締める作用
 うるおいを与える作用


 スポーツ・疲労回復
 筋膜を緩めることで緊張や強ばり
 血流を改善、関節の可動域が広がり
 関節運動をなめらかに、集中力向上
 α-ピネンを多く含んだ精油を
 使用することでの乳酸の排除促進効果


 健康促進
 細胞への栄養供給、新陳代謝と恒常性の維持、自然治癒力の向上・促進
 神経バランス作用、体温保温作用、痛みを和らげる作用
 利尿作用、消化促進作用、食欲増進作用、胃腸調整作用
 抗肥満作用、脂肪分解作用、便秘解消作用、鬱帯除去作用
 静脈鬱帯除去作用、リンパ強壮機能作用、コレステロール低下
 血圧低下作用、、抗リュウマチ作用、抗ウイルス作用
 女性ホルモン作用、通経作用、分娩促進作用、乳汁分泌促進作用

 

 

アロマトリートメントには心と身体の治癒力を引き出す力があります。
疲れをためないよう定期的に非日常的なことを取り入れるとストレスが軽減し疲労の回復になると言われていますが、とりわけアロマトリートメントには
「オキストシン」という脳内物質が湧き出て、「安らぎ」をもたらすと言われています。この物質は世界中の学者が注目し研究しています。アロマトリートメントによりもたらされるリラックス効果と集中力の向上でアイデア・考えがまとまりビジネスやスポーツ・楽しい人間関係にも心地よい味方となるでしょう!

 

 

精油(エッセンシャルオイル)とは


植物の花、葉、枝、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから抽出した天然の素材
で、有効成分を高濃度含有した揮発性の芳香物質。各植物によって特有の香りと機能を持ち、アロマテラピーの基本となるものです。
植物から抽出した精油そのものはかなりの濃度に濃縮されているので、キャリアオイルなどで希釈して使用します。

市販されている精油は5mlや10ml入りなどの小さなボトルに詰められています。
一気に流れないように中ぶた(ドロッパー)がついており、1滴(約0.05ml)づつ使用できるようになっています。
ドロッパーがついていない場合はスポイト等を用います。

 

<精油の保管期間>


 未開封→2年程度   

 開封後→1年程度

 柑橘系精油開封後→半年程度

〈セラピスト マキから一言〉水蒸気蒸留法で抽出した質の良い精油はしっかりとした管理のもとでワインのように熟成させると、まろやな優しい香りに変化します。
私、個人的には数年熟成させた精油の香りがまろやかで大好きです。その年ごとにコレクションしておりますので興味がある方はお問い合わせください。

<精油の保管場所>


精油は光や熱に弱いため、高温多湿をさけ直射日光の当たらない冷暗所に保管します。スイートオレンジやレモンなど圧搾法で抽出した精油は冷蔵庫で保管する事をおすすめします。ローズオットのように低温で固まる特性を持つ精油があるので、そのような精油は冷蔵庫に入れないようご注意ください。
子供やペットの手の届く場所には置かないよう注意が質用です。

ご購入の際は経験を積んだアロマテラピーアドバイザーやインストラクター・セラピストに、特性・作用・保管方法などを確認するなど、使用方法のアドバイスを受けましょう(持病のある方、薬を服用されている方、妊娠中の方は精油の使用を医師に相談しましょう)

 

キャリアオイル(植物油)の役割


キャリアとは運ぶという意味で、精油
を溶かし精油成分を皮膚の奥深く真皮層まで運びます真皮層には毛細血管があり血液と共に栄養分が身体の中をめぐり色々な作用をもたらします。


またトリートメントで使用する植物油はビタミン、ミネラルなどの有効成分を豊富に含み、
潤滑油として肌への滑りが良く、皮膚への浸透性に優れていて、保湿しながら真皮層まで精油の有効成分を容易に運ぶ事が出来ます。